プロジェクトダイアリー

2018.03.12

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー10日目(学生レポート)


こんにちは。
ポートランド・グローカルイノベーションセミナー帰国から2週間が経ちました。

セミナーに参加した学生から10日目のレポートが届きました。
この日は最終日。10日間で学んだことをしっかり自分の中に落とし込んで発表に挑んだようです。修了式もあったようで、涙を流した学生もいたみたいですね。

----------------------------------------------
2018/02/22
とうとう今日はポートランドの最終日でした。
本当にあっという間の10日間でしたね~。
 
午前中はレクチャーとSWOT分析をしてこれまでの10日間のサイトビジットのまとめをしました。
レクチャーではポートランドの街づくりで大切になる公平性と公正性の概念について学びました。しかし公正性を保った街づくりは一筋縄でいかずイノベーションが必要なことが分かりました。



SWOT分析では10日間のプログラムで体験したことや感じたことを強み、弱み、潜在力・チャンス、障害の4つの区域に分けて分析することでこの10日間の学びを自分の中で整理しました。

事前学習ではポートランドの良いことばかりが見えていましたが、実際にいくと移住者が増えたことによる課題が見えてきました。また、逆に事前学習では分からなかったポートランドの強みがサイトビジットを通して学ぶことができました。
 
   

午後からは2日目のスカベンチャーハントのチームに分かれ昼食と午後の最終発表に向けた資料作りの時間を過ごしました。
今回の発表はなんと!!学んだことをピカソの壁画のように絵で表現して発表しました。発表の際にはみんなの芸術が爆発する予感がします笑

資料作りの時間は限られて刻々と発表する時間が近づいてきます。少ない時間でこの10日間の学びをまとめなければならないプレシャーがありますが、作成中の皆はどこか楽しそうに見えました。
 


そして最終発表が始まります。
線路を描いてライトレールマックスと共に今回学んだことを表現するチームや、セミナーで出会った出来事を人を中心に描いて思いを伝えるチームもいれば、ポートランドで連想したものをどんどん描いてプレゼンするチームもいて、それぞれチームの個性が出ていました。
また英語翻訳をしてもらいながらの発表はみんなにとって新しい挑戦でしたがいい経験になったと思います。

ポートランドセミナーを受け、ポートランドは物事の本質に取り組んでいる街だと感じました。
どうすれば住みやすい街になるのか、良いコミュニティの在り方はどうなのかそういうことを真剣に考えている街だと感じることができました。

自分達もポートランドで学べたことを広島に帰ってまずは地域で活かせれるようにしたいです。
そのために広島に帰ってもポートランドで得た5つの問いを自分たちの対象地域にも問いてみたいです。
 
 
 
最後に修了式をしてくださいました。
ひとりひとり名前を呼ばれながら卒業証書をもらいハグをして別れを惜しみました。涙を流してしまう学生も…( ;∀;)

  
 
修了式の最後にはサイトビジットでお世話になったサラさんに学生がサプライズをしかけました。
セミナー中は通訳を介してサラさんとコンタクトをとっていましたが、これまでの感謝の気持ちを通訳を介さないで、自分たちの言葉で伝えたいと思い英語で10日間のポートランドで学んだことを伝えました。


10日間で学ぶことには限りがあり1ヶ月はポートランドにいたいと思ったけれど、とても内容が濃くて楽しい10日間になりました。

 

ひろみらセンターの職員のみなさま、木原先生、雅美先生、サラさん、PSUの学生スタッフのみんな、ポートランドの地域の方々、旅のサポートをしてくださった近畿日本ツーリストさん、各所ポートランドセミナーに関わったみなさま本当にありがとうございました!!
2018.03.09

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー9日目(学生レポート)


こんにちは。
ポートランド・グローカルイノベーションセミナー帰国から2週間が経ちました。

セミナーに参加した学生から9日目のレポートが届きました。
この日は雪が積もったようです。午前中はこれまでの振り返り、午後はフィールドスタディ―に出たようです。

----------------------------------------------
2018/2/21
ポートランドセミナー9日目。
昨日の夕方から雪が降っていたため、3cmほど雪が積もっていました。

そのため午前は雪の影響で講義が休講。全員でこれまでの活動の振り返りをしました。

あと2日。
前半に出された考察課題について各自でしっかり考えていきます。

 

午後はフィールドスタディー。
まずはディビジョン通りへ。
ディビジョン通りでは近年、住宅が増加しているため、住宅増加に対してどのように対応していくかが鍵となります。
その一つとして、デザインが挙げられます。

パール地区で用いられているようなガラス張りや建物の間隔、建物の形が階段の様になっているなどのデザインを使い、これが住みやすさに繋がっていきます。

そしてジェイド地区へ。
ここは自動車中心の地域で、交差点では車の通りもかなり多くてスピードも速く、ダウンタウンとは対照的な印象を受けました。

歩道がなく、舗装されていない道路もあり、交通事故多いそうです。
そのため、あるコミュニティが自分たちの自動車専用通路を作るなどの対策が行われたようですが、まだ優しい環境とは言えないそうです。
今後、コミュニティとしてどう改善していくかが重要となり、自転車専用通路のように上手くできたことを持続可能なものにしていく必要があることがわかりました。

 

最後のフィールドスタディーではポートランドの課題、地域によっての変化、コミュニティの重要性について改めて知ることができました。
明日は今まで学習してきたことを通して、どう感じたのか、これからどう活かしていくのかを発表できるよう、しっかり振り返りをしていきます。

〇おまけ
本日はポートランドでは珍しい雪景色。いつもと一味違ってとても綺麗でした。
雪合戦をしたり、雪だるまを作ったりしました。
いくつになっても雪にはテンションが上がるものです。
 
2018.03.08

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー8日目(学生レポート)


こんにちは。
ポートランド・グローカルイノベーションセミナー帰国から2週間が経ちました。

セミナーに参加した学生から8日目のレポートが届きました。
ポートランドに住んでいる日本人の方からお話を聞いたり、ポートランドのまちを巡ったりしたようです。

----------------------------------------------
2018/2/20
やってきました!8日目です。
午前は、連合チーム(一番下に説明あり)がコーヒー屋さんを満喫したのち始まりました。
無事に帰ってこれて、コーヒーも飲めてよかったです!!

 

午前の部は、ポートランドに50年以上住んでいる日本人の方のお話を聞きました。
50年住んでいるため、ポートランドの昔から今の移り変わりを分かりやすく、話してくださいました。凄い人過ぎて、実は最初は委縮してしまいました。

その後、みんなはポートランドに1年半住んでいる人のお話を聞きに行っていたのですが、私は、谷田部さんにインタビューをさせてもらいました。
興味深い話ばかりで、楽しくて、時間がたつのがあっという間でした!

午後は、谷田部さんと一緒にポートランド巡りをさせていただきました。
中でも衝撃なのが、ケネディスクールです!これは、廃校をリノベーションしている建物なのですが、、、


下の写真を見てください!!
このきれいな内装、オシャレなレストラン。元廃校とは、とても思えません!
私は美術館と勘違いしてしまいそうになりました。

この他にも、廃校をリノベーションした建物は、
☆オレゴン…58か所
☆ポートランド内…48か所
☆ワシントン州内…10か所
皆さんもぜひ行ってみてください!

  

さらに、驚くべくは、コインランドリーです。
一見何の変哲もないコインランドリーですが、中には…
☆ゲームセンター☆くつろげるカフェがあります!

日本にもないことはないのですが、広島にはないみたいです。中の雰囲気は、みな洗濯物をつまらなそうに待っているのではなく、ゲームをする・カフェで軽食を食べる・椅子に座って本を読むなど、みなくつろいでいました。

このSPINというコインランドリーは、私の常識を覆したものでした。

 

アルバータ地区では、ぬいぐるみやフィギュアを乗せた車に乗っている家族に出会いました!
「写真を撮っていいですか?」と頼むと、こんなにノリノリで写真を撮ってくれました。
日本ではWeird(おかしな・変な)は、受け入れられませんが、ポートランドでは、ウェルカムというのもポートランドの良さかもしれません。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------
【連合チーム】
バスプロジェクトに参加した模様の連合チーム。



【浅原&湯来チーム】
街中で、11組16人にインタビューした模様の浅原&湯来チーム。


一日の終わりには振り返りもでき、先生も私たちも満足のいくものでした!
この調子で、あと二日楽しみながら、頑張ろう!!
2018.02.27

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー7日目(学生レポート)


こんにちは。
ポートランド・グローカルイノベーションセミナーから無事帰国しました!

セミナーに参加した学生から7日目のレポートが届きました。
午前中は講義、午後はフィールド・スタディー。どんどん学びが深まっています。

----------------------------------------------
2018/02/19
ラッキー7の7日目です!
PSUに通うのも大分慣れてきました。

午前はPSUで雅美先生の講義。
「リーダーシップとは何か」について学びました。
みなさんはリーダーシップとは何だと思いますか?

答えは…

【リーダーシップ=人に影響を与えること】でした。
最初の1歩を踏み出したり、応援したり、聞き上手だったり…。
リーダーだけではなく、色んな立場の人が様々な場面でリーダーシップを発揮していることが分かりました。フォロワーシップもとても大切。
みんなが主役!とよく言いますが、「一人ひとりに役割がある」ということなのかなと思いました。

また、リーダーはコミュニティの方向性を調整する役割があることも学びました。

良い組織では、みんなの長所を活かせることが重要。
まずは長所を知ることが大事。そこで、ペアで自分の長所と相手の長所を発表!



とっても照れました。恥ずかしいけれど、嬉しい~
思わぬ発見もあり。

ぜひ、みなさんも自分自身やだれかを褒めてみてはいかがでしょうか?

午後はサラさんとのフィールドワークでした。

 
 
スキーリフトのようなゴンドラが交通手段の1つになっている場所や、元造船場、CLSP、自動車が通れない橋など…どこもとてもワクワクしました。



ここでは、私が今日1番楽しみにしていたメイカーズ・スペースである、ADXについてご紹介します!
 


ここでは、ものづくりを学んだり、道具を借りてものを作ったり、ADXの方に作ってもらったり…。
ものづくりって一人で黙々と作業するイメージだったのですが、ここでは色んな人が作業しています。
近くに誰かがいる空間で作業するのは、とても良い刺激がもらえそうだなと感じました。

ADXに訪れる1/3の人が起業したい方で、その中の半数がビジネスとして成長していくようです。
ですが、意外なことにもう半数の方は趣味で留めておきたいと、やってみて気づくそうです。
まず、気軽に挑戦できるのがとてもいいな~と思いました。
挑戦大事!

               
 








 
ここでは利益が出ても、道具等に再投資するようです。
売上!ではなくて、もっと別の情熱を感じて、とってもステキでした。

□おまけ
ADXに行ったあと、21歳のメンバーはBASE CAMP BREWINGを見学。
 


ブルワリーなため、私を含めた3人の20歳の学生は入れず…(アメリカは21歳から成人)
また次リベンジしたいと思います!!
2018.02.26

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー6日目(学生レポート)


こんにちは。
ポートランド・グローカルイノベーションセミナーから無事帰国しました!

セミナーに参加した学生から6日目のレポートが届きました。
6日目は休日。休日の中でも学びをみつけていました。

----------------------------------------------
2018/02/18
6日目(折り返しだ~!!)
今日は日曜日ということで、自由行動。

部屋が同じ僕たちは、オレゴン科学産業博博物館osim、NIKI portland ,stamp town coffee,
Powell book storeへ。

お昼ご飯はkillerburgerへ。NIKIに行った後だったので15時くらいの来店のなっちゃた~
おなかすいたーー
ということで早く食べたいしメニューの左上の1番上の商品を頼みました。
それがこの写真の商品。



メニューをよく見ずに買うとなんと、ピーナッツバターが大量に入ったハンバーガーを頼んでしまいました。
一口食べてみると、かなり、後味がピーナッツバターでも、お肉がパリパリに焼かれていて、初めて食べる感じのハンバーガーでした。でも食べ始めるとあっという間になくなってしまいました。
そして、ポテトも1本1本が太くておなか一杯(^_-)

自分が一番気に行ったのは、stamp town coffeeとPowell book storeです!

まず、stamp town coffeeはちょっと高いコーヒーですが、酸味がちょっと多いくて後味すっきりなとてもおいしいコーヒーでした。実はこのお店は2日目のスカベンジャーハントでPSUの学生に教えてもらったお店で、気になって3日連続来店してしまいました。



スタバとか街中でたくさんのおいしいコーヒーを飲むことが出来る街として、ポートランドはとても有名ですが、是非とも訪れてほしいお店の一つ。ポートランドに訪れた際は一度は訪れてみてください。

S君がテイクアウトを間違えて、エスプレッソを買ってしまいました。
水も貰えましたが、それも強炭酸水で何かの罰ゲームみたいになってしまったのは面白かったです(笑)

そしてPowell book storeもなかなか面白い場づくりが出来ていると思います。
独立系のお店の中で全米で一番大きい書店だそうです。
とにかく大きい!町の区画が全部書店になっていて、4件の建物が全部中でつながっており、なかの構造はなかなか複雑。案内板がないと絶対に迷子になります。でも本好きにとっては1日中過ごせるようなそんな理想郷だと思います。ただし英語の本が主体なので英語が得意な人に限られるかも。(;’∀

今日はみんな、お土産を買ったり、ポートランドといえばNIKIの本社があるということでNIKI関係のアウトレットに見にいったり、まったり観光や自由行動ができ、1日を有効活用できた、そんな一日でした。

 

ちょっとデザインについての小話も...

この写真はみんなに協力してもらった、写真です。
お土産屋さんや食料スーパー、書店などいろいろなお店の紙袋を集めてみました。ポートランドの雰囲気を感じることが出来るのではないのでしょうか。地域のコミュニティの構成についてお話をしてみたいと思います。



ポートランドでは日本と違いビニール袋で商品を包むのでなくどんなものでも紙袋を使用します。
僕はビニール袋で包装してくれるところは一度もみませんでした。
再生紙を利用した紙袋を使用し環境へ優しい町ポートランドを表すものの一部ではないでしょうか。

そしてこのデザイン一つ一つをとってもロゴマーク1個当たりの面積の大きくなものが多い特徴があると思います。小さなお店の宣伝方法として、この紙袋はお店の看板のような役割を果たしていると僕は考えました。

あるお店でもって紙袋をもって町を歩く。
宣伝にもなりうるし、そして何よりお店を考えていくと話のきっかけにもなり、共感を得れ、コミュニティの形成にもなりうる。
そんなちょっとユニークなお話でした。

ぜひお土産をもらう際は紙袋がついていれば紙袋にも注目してみてください(笑)