プロジェクトダイアリー

2018.02.23

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー5日目(学生レポート)


こんにちは。
現在、ポートランド・グローカルイノベーションセミナー派遣中です!

セミナーに参加した学生から5日目のレポートが届きました。
5日目は休日。午前中はみんなでファーマーズマーケットへ、午後は思い思いの場所でポートランドのまちを堪能したようです♪

----------------------------------------------
2018/02/17
毎週土曜日、PSU(ポートランド州立大学)の広場ではFARMERS MARKET(ファーマーズマーケット)が開かれます。

ファーマーズマーケットは1992年から開催されており26周年。
ファーマーズマーケットとは主にその地域の生産者農家が複数軒集まって、自分の農場でつくった農産物を持ち寄り、消費者に直接販売するスタイルの市場です。

 
 
実際には、お花や、野菜や果物、ビール、肉、蜂蜜屋、ジャム、ポップコーンなどのたくさんの屋台が並んでいます。
またミニライブなどが行われており、本部ではファーマーズマーケットのショップ袋や、ファーマーズマーケット出展者の野菜などを使ったレシピなどが置かれていました。

まず1時間半という時間の間で、学生とPSUの大学の先生と一緒にお店の方にインタビューを行いました。
そこでわかったのは野菜・果物屋さんは商品のものの配置がとても可愛い。また目に付きやすい、手に取りやすいということでした。
今回は雨が降っていてお店が少なかったそうですが夏にはもっとたくさんの出店舗数でとても賑わっているそうです。

午後からは自由行動だったのでお買い物に行きました。
アイスを食べたり、お土産買ったり、ナイキの本店に行ったりととても充実しました。

ポートランドは消費税のない街。
日本で買うよりも安いものがたくさんありました。消費税が無いことで買い物をするには優れている街だと勉強していたのが実際に実感することができました。

  
  

写真は上段ナイキ本社、下段左アイスクリーム、下段右あの有名なポートランドの看板です!
夕飯は疲れていたためフードカートでご飯を買い部屋でゆっくり食べ、ゆっくり休むことができました。

明日は一日中のオフなので、少し遠出をして自由行動を楽しみたいと思います。
2018.02.22

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー4日目(学生レポート)


こんにちは。
現在、ポートランド・グローカルイノベーションセミナー派遣中です!

セミナーに参加した学生から4日目のレポートが届きました。
4日目は講義とフィールド・スタディー。どんどん学びが深まっているようです。

----------------------------------------------

2018/02/16
ポートランド生活4日目!

午前中は午後のフィールドスタディー3に向け、これまでのフィールドワークの振り返りをしました。
各コミュニティーの問題を上手くデザインするポートランドの具体的政策や、イノベーションを成功させるための要素である、失敗文化(失敗を恐れない文化)についてなど、どうしてポートランドのまちづくりが成功しているのかに関わるキーワードが沢山。
用紙いっぱいに張られた付箋を見ると、この4日間で多くの学びがあったことが分かります。



お昼は、PSU の学生がマンツーマンで付いて下さり学内を案内してくれました。
近い年代の学生と交流することはとても刺激的。
おすすめのランチスポットで食事をとり、交流を深めました!


 
腹ごしらえをしたところで、午後からは早速フィールドスタディスタート!
まず初めにポートランド市役所へ訪問し、有権者や市の政策を手掛ける市職員のサポートをされているトレバーンさんのお話を聞きました。

ポートランドの行政では、成長しているからこそ生まれる新たな課題として、ポートランドへの人口集中による家賃の高騰問題や、ホームレスの問題があります。そのような問題は市議会で住民の声を吸収し皆で解決していきます。

実際の会議場は、議員5人に対して住民が会場から溢れるほど埋まると聞き驚きました。
「市役所は住民のためのものだから誰でも自由に利用できる」というお話からも、行政が住民の話を聞く場をしっかりと設けて、住民の信頼を得るために行政から歩み寄っているのだと感じました。   

        
その後は、ポートランドの都市開発の成功例とも言える「パール地区」へ。
私たちは、イノベーションという言葉を聞くと、何か新しいことをしていくというイメージがあるけれどこの、パール地区は古い建物も活用しながら持続可能なものを生み出しています。



4日間を通して何度も驚かされたことは、各コミュニティーでそこに住む全ての人の意見を尊重しあっていること。
そして、住み易いまちづくりを行うために、行政も住民もとことん時間をかけ、供に考え、行動することです。

自分たちの住むコミュニティーを自分事として考える。当たり前のことのように思えますが、私を含め実際にどれだけの人が行動出来ているでしょうか?地域をイノベーションするという本質が、少しずつ見えてきたように思います。

自分の事をしっかり考えているからこそ、互いを尊重しあえるこのまちの素晴らしい考え方をもっと感じていきたいと思います!  
                                          
2018.02.20

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー3日目(学生レポート)


こんにちは。
現在、ポートランド・グローカルイノベーションセミナー派遣中です!

セミナーに参加した学生から3日目のレポートが届きました。
3日目はフィールド・スタディー。ポートランド地域を路面電車から学んだり、ミルウォーキー市長のお話も聞けたようです。海外の食事も楽しんでいるようです♪

----------------------------------------------
2018/02/15
ポートランド3日目です!
そろそろ生活面がなれてきたかな?と思い始めたころです。

3日目の行程としては午前中は都市計画や開発を専門とされているサラ・イアナローンさんに路面電車MAXからみるポートランド地域について教えていただき、午後からはミルウォーキー市の市長さんからお話をお聞きしました。

 

「イエローラインからオレンジラインへ」をテーマに案内していただきながら各駅についてお話を伺いました。ホテルを出発した後はまずイエローラインに乗って終点まで向かいます!


 
上の写真が終点であるエキスポセンターになります。
この駅はオレゴン州とワシントン州の境目になるそうで、駅の課題や歴史に関して説明していただきました。

各駅それぞれにストーリー性があり、パブリックアートが町中に溶け込んでいました。
駅は地域と地域をつなげるだけでなく過去と現在をつなぎ合わせる大事な役割があるということがわかりました。

 

実際に街を歩いてみるとダウンタウンと郊外との景色の差であったり、成長していくからこそでてくる課題であったりと、わたしたちが今まで見えていなかった部分がたくさん出てきました。

お昼の自由時間ではわたしはカフェに行ってみました!
メニューの英語が読めず苦戦しましたが無事注文に成功しランチセットをゲットできました!



時間が迫っていたのでゆっくり食べることができず残念したが本当においしかったです!!
お店の方もとてもフレンドリーで楽しい時間を過ごすことができました♪

お昼休憩が終わった後はミルウォーキーの市長さんにお話を伺いました。
現在に至るまでのミルウォーキーの過程や課題、そして市長さんの思いについて貴重なお話をお聞きすることができました。



今日はたくさん歩き回り、そしてたくさんの情報を得たのでみんな終わったころにはくたくたでした…!
みんながポートランドに来て学びたかったことがふんだんに盛り込まれていたと思います。
今日、学ぶことができたことをしっかりと自分のものにしていきたいです!

3日目の晩御飯は日本食が恋しくなってしまいフードカートでお寿司を買いました。
3日ぶりのお米は最高でした!笑

2018.02.19

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー2日目(学生レポート)


こんにちは。
現在、ポートランド・グローカルイノベーションセミナー派遣中です!

セミナーに参加した学生から2日目のレポートが届きました。
2日目の午前中は大学で講義、午後はスカベンジャーハント。実際に体験してみて学んだことが多くあったようです。

----------------------------------------------
2018/02/14
ポートランドで迎える初めての朝。
十分な睡眠と朝ごはんで旅の疲れはすっかりリセットされ、いよいよグローカル・イノベーションプログラムin Portlandの本格始動です。

午前は大学での講義。

まず、「初対面の会話」というエクササイズから始まりました。
配られた紙に書かれているルールを覚え、初対面という設定でメンバーたちと数分間会話します。

 

エクササイズでは普段のコミュニケーションのルールが使えず、パートナーと話しをする中で相手の対応が「なんて失礼なのだろう」と感じました。
しかしその後、ポートランドでの講義の担当の、西芝先生の話を聞き、気づきました。

「私の中で当たり前のルールで判断してしまっている!」と。

異文化交流をするということは、自分のルールが通用しない場合もある人達と交流するということ。
この10日間のプログラムで多くの現地の方と触れ合うであろう私たちが、一番最初にそれを教えてもらったことは大きな意味があったと思います。

その後はコミュニティづくりの基本概念について学びました。

「コミュニティとは何か。まちづくりとの違いは何なのか。」
テーマについてグループで話し合い、全体で共有した後に、先生から「コミュニティの担い手」について教えていただきました。
 

コミュニティをよりよくしようとすること。これがまちづくりなのだと分かりました。
しかし「コミュニティ」については、今後のプログラムでも課題として追及していく必要があります。

午後はスカベンジャーハントをしに、ポートランドのダウンタウンを周りました。
スカベンジャーハントは宝探しのように、自分たちが知りたいことをまちの中で探索していきます。

事前学習で知ったポートランドの有名な場所はいつの間にか自分の中で「憧れの場所」のようになっていました。実際に訪問し、時には美味しいものを食べたり、有名なコーヒーを飲んだり、楽しみながら学ぶことができました。

ポートランドのまちの方はとてもあたたかく接してくれ、私のつたない英語の声掛けでも、快くインタビューを引き受けてくれます。
ポートランド州立大学の日本語学科の学生のサポートのおかげで、わたしたちは聞きたいことをインタビューし、ポートランドの魅力を探ることができました。

 
 










その中では様々な気づきや新たな発見がありました。
しかし同時に、来日前の学習ではまちづくりの先進地域だと感じていたポートランドにも、課題は尽きないということも分かりました。

やはり実際に来てみて実感できることが多いです。

最後に大学に戻り、各グループで分かったことを振り返り、共有しました。

〇おまけ
放課後はNBAの試合を見に行きました。会場は平日にもかかわらずほぼ満員で、熱狂していました。
私はスポーツ観戦が好きで日本では様々な試合を見ましたが、その独特の雰囲気に圧倒されました。
 
2018.02.18

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー1日目(学生レポート)


こんにちは。
現在、ポートランド・グローカルイノベーションセミナー派遣中です!

セミナーに参加した学生から1日目のレポートが届きました。
初日は移動&レクリエーション。ウキウキ、ワクワク、緊張の長い長い1日が終わったようです。
----------------------------------------------
2018/02/13(1日目) 
今日はいよいよポートランド1日目!がんばっていきましょー!
と思いきや前日の夜からアクシデントが発生しました。飛行機の時間がはやまって集合が早くなりました。起きるのが大変でした。

 

広島空港を出発して羽田、成田、シアトルを経由してポートランドへ向かいました。
13日の朝広島を出て、13日の朝ポートランドに着きました。長い13日でしたね(笑)

飛行機初体験の僕としては、広島空港の離着陸でとってもうきうきでした。皆は静かだったけど、、、
国際線デルタ航空の座席では「アナと雪の女王」が観れました。ひとりで歌ってたのは秘密。

シアトルに着いた自由時間では、海外ではじめて買い物をしました。
店員さんがやさしくておつりを分かりやすく一枚ずつ数えてくれました。緊張したけどいい経験になりました。

そして13日のお昼頃、ポートランド到着!!
現地でインターン中のジョージさんと合流してホテルまで連れてってもらいました。
荷物を置いてレクリエーションを受けました!ジョージさんや皆さん優しくてよかったです。

 

夜は現地のスーパーマーケットへ。
規模が大きくて、商品も多く目移りしまくりでした!バレンタイン色。

チキンとサラダの組み合わせセットを注文するのに15分くらいかかったけど、無事夕飯にありつけました!
時差ぼけで眠かったですががんばりました。ふかふかベッドでおやすみなさい(´ω` )zzZ