プロジェクトダイアリー

2018.02.26

ポートランド・グローカルイノベーションセミナー6日目(学生レポート)


こんにちは。
ポートランド・グローカルイノベーションセミナーから無事帰国しました!

セミナーに参加した学生から6日目のレポートが届きました。
6日目は休日。休日の中でも学びをみつけていました。

----------------------------------------------
2018/02/18
6日目(折り返しだ~!!)
今日は日曜日ということで、自由行動。

部屋が同じ僕たちは、オレゴン科学産業博博物館osim、NIKI portland ,stamp town coffee,
Powell book storeへ。

お昼ご飯はkillerburgerへ。NIKIに行った後だったので15時くらいの来店のなっちゃた~
おなかすいたーー
ということで早く食べたいしメニューの左上の1番上の商品を頼みました。
それがこの写真の商品。



メニューをよく見ずに買うとなんと、ピーナッツバターが大量に入ったハンバーガーを頼んでしまいました。
一口食べてみると、かなり、後味がピーナッツバターでも、お肉がパリパリに焼かれていて、初めて食べる感じのハンバーガーでした。でも食べ始めるとあっという間になくなってしまいました。
そして、ポテトも1本1本が太くておなか一杯(^_-)

自分が一番気に行ったのは、stamp town coffeeとPowell book storeです!

まず、stamp town coffeeはちょっと高いコーヒーですが、酸味がちょっと多いくて後味すっきりなとてもおいしいコーヒーでした。実はこのお店は2日目のスカベンジャーハントでPSUの学生に教えてもらったお店で、気になって3日連続来店してしまいました。



スタバとか街中でたくさんのおいしいコーヒーを飲むことが出来る街として、ポートランドはとても有名ですが、是非とも訪れてほしいお店の一つ。ポートランドに訪れた際は一度は訪れてみてください。

S君がテイクアウトを間違えて、エスプレッソを買ってしまいました。
水も貰えましたが、それも強炭酸水で何かの罰ゲームみたいになってしまったのは面白かったです(笑)

そしてPowell book storeもなかなか面白い場づくりが出来ていると思います。
独立系のお店の中で全米で一番大きい書店だそうです。
とにかく大きい!町の区画が全部書店になっていて、4件の建物が全部中でつながっており、なかの構造はなかなか複雑。案内板がないと絶対に迷子になります。でも本好きにとっては1日中過ごせるようなそんな理想郷だと思います。ただし英語の本が主体なので英語が得意な人に限られるかも。(;’∀

今日はみんな、お土産を買ったり、ポートランドといえばNIKIの本社があるということでNIKI関係のアウトレットに見にいったり、まったり観光や自由行動ができ、1日を有効活用できた、そんな一日でした。

 

ちょっとデザインについての小話も...

この写真はみんなに協力してもらった、写真です。
お土産屋さんや食料スーパー、書店などいろいろなお店の紙袋を集めてみました。ポートランドの雰囲気を感じることが出来るのではないのでしょうか。地域のコミュニティの構成についてお話をしてみたいと思います。



ポートランドでは日本と違いビニール袋で商品を包むのでなくどんなものでも紙袋を使用します。
僕はビニール袋で包装してくれるところは一度もみませんでした。
再生紙を利用した紙袋を使用し環境へ優しい町ポートランドを表すものの一部ではないでしょうか。

そしてこのデザイン一つ一つをとってもロゴマーク1個当たりの面積の大きくなものが多い特徴があると思います。小さなお店の宣伝方法として、この紙袋はお店の看板のような役割を果たしていると僕は考えました。

あるお店でもって紙袋をもって町を歩く。
宣伝にもなりうるし、そして何よりお店を考えていくと話のきっかけにもなり、共感を得れ、コミュニティの形成にもなりうる。
そんなちょっとユニークなお話でした。

ぜひお土産をもらう際は紙袋がついていれば紙袋にも注目してみてください(笑)