プロジェクトダイアリー

2015.11.06

【ちぃスタ連携PR】〜初めて知る、盆栽の魅力〜

こんにちは!ちぃスタ連携PRプロジェクトの星島です!!

私達は11月に開催されるマルシェにて、西広島の特産品であった盆栽を来場者の方に手作り体験していただこうと考えています。

10月19日に私達に盆栽を提供して下さる着能松太郎さんの元を訪れました。
皆さんは「盆栽」と聞いて何を思い浮かべますか?
…松ですよね?僕は松しか出てきませんでした(笑)
しかし盆栽には松だけではなく、皐月や紅葉など様々な種類があるんです。
さらに盆栽と聞くとご老人が愛用していてドッシリとしている、というイメージがありますが、
私達が皆さんに作っていただく盆栽が…
こちら




オシャレ。可愛い。

大体30センチ程度の大きさなので、インテリアにも最適です。
何より全て自分で選び、自分の手で作るので「世界に一つだけの盆栽」ができあがります。

着能さんのお話を伺い盆栽は奥が深くて非常におもしろく、魅力がある物だと実感しました。盆栽の良さをマルシェに来た方に感じていただけるよう、当日までプロジェクトメンバー一丸となって計画を練っていこうと思います。
2015.09.25

【ちぃスタ連携PR】第一回実行委員会!

こんにちは。ちぃスタ連携PRプロジェクトで、マルシェ北広島町を担当している安部(里)です。

11月のマルシェでの、北広島町からの販売予定品について紹介します。
北広島町からは野草茶を販売することになりました。
野草茶は、茶葉として育てられたものではなく、道端に生えている草などを使って作られたお茶のことを言います。これは、北広島町の大朝(地元では「わさ」と呼ぶ)という地域では、一般的に飲まれているそうです。

皆さんは、野草茶と聞いてどのようなイメージを持たれましたか?僕は野草茶というものを知らなかったので、初めて聞いたときは道端の草でもお茶を作れるんだなと驚きました
野草茶は色々なお茶っ葉をブレンドして、アレンジされた味を楽しむことができるので、マルシェでもその味を堪能していただけるようにしていきます。

 第1回の実行委員会では、販売の仕方と値段や、地域貢献にどう繋げていくかについて話し合いました。これから、さらに良いものにしていけるよう、他のプロジェクトなどと交流を重ねていきたいと思います。
2015.07.31

【ちぃスタ連携㏚】~魅力との出会in廿日市~

ど~も~!ちぃスタ連携PRプロジェクトの沖尾です!

まず、私たちのプロジェクトについてお話ししたいと思います!
私たちは、11月に開かれるマルシェで廿日市・北広島・西広島の地域資源の発信をしていきます!

そして7月24日、7月30日と、まだ未発見だった廿日市の地域の魅力を探しに現地へ行ってきました!!

私たちを迎えてくれたのは、スパ羅漢です!
スパ羅漢は羅漢山のふもとにある道の駅で、ここでは廿日市の特産物が揃えてあり、吉和地域で有名なわさびを使った商品や中山間地域の浅原で作られたハーブティーなどが置いてありました。

中でも自分たちの目を引いたのは、中山間地域で作られた果物を使ったジャムです!
このジャムをプロデュースするかはまだ未定ですが、今回の視察での一番の収穫になりました。

30日にはプロジェクトメンバーが全員集合して廿日市商店街、木材利用センターに足を運びました!
廿日市商店街は、けん玉商店街と俗称をつけるほど、けん玉で町興しを行っています。

けん玉サブレやけん玉最中、けん玉シャンプーなどもありました。

そして30日の視察でも私たちの目に留まったものは、、、、、、、

ジャムでした!!笑

こちらのジャム屋さんは、廿日市で作られた果物を中心に、ジャム作りとジャムを使ったお菓子作りをしています。
たくさんの種類の果物の中でも、ハツカイチゴというイチゴはもともとはブランドを持っていたものでした。
そのイチゴをまたブランドとして立ち上げる運動があり、今回のプロジェクトにまさにピッタリな地域資源です!

この2回の視察で持ち帰ったものをメンバーで再考して、それぞれの地域の良さをマルシェに来た人に感じでいただけるよう、メンバー一同、精進して参りたいと思います!
2015.06.30

ちぃスタ連携PRプロジェクト ―ひろみらサテライトマルシェブース―

本プロジェクトは西広島、北広島町、廿日市市の魅力を再発掘し集め、広島市で行われる催し物の中で1ブースを開設し、来場者に向け魅力を発信し広めていくPR活動を行う。