プロジェクトダイアリー

2014.07.28

ポスター発表会

  こんにちは。
  ひろみらホームページ、リニューアルしました!
  これから、学生達がブログを通じて活動を発信していきますので、お見逃しなく!!

さて、今回のひろしま未来協創特講(発見・デザイン・しまなみ)では、講義のテーマを「課題の講評と地域(江田島)の魅力」とし、前回ゲストスピーカーに来ていただきました、フリーマガジンBridgeの岡本礼教さん夫妻、ぐるぐる海友舎プロジェクト実行委員会代表の南川智子さんに学生たちが作成したポスターを見ていただきました。
岡本さんの前回の授業の様子はコチラをクリック
南川さんの前回の授業の様子はコチラをクリック

ポスターは『江田島の魅力を伝える』がテーマです。

岡本さんからいただいた写真に、キャッチコピーをつけるのが課題です。
言葉や文字の配置、大きさなど、学生たちはこの日のために木原先生と相談し、試行錯誤しながら作ってきました。

最初に全員でポスターの評価をし、次に発表を行いました。
どんな思いを込めてキャッチコピーをつけたかなどみんなの前で発表し、岡本さんと南川さんにコメントをいただきました。「楽しいことが伝わるように表現すること」や「文字と写真とのバランス」など様々なアドバイスをいただき、辛口コメントも飛び出すなど学生達の刺激になりました。

同じ写真でもそれぞれに違う見方があり、言葉ひとつでイメージはがらりと変わってきます。
自分の思いを文字で伝えるってとても難しいですね。勉強になりました!!

江田島の魅力を伝えているうちに江田島に魅了された学生も多いのでは?と感じました。
実際、3週にわたって聞いていた私は、江田島と江田島で活躍する岡本さん夫妻、南川さんに魅了されました。

もしかしたら、今回作ったポスターがどこかに飾られる日が来るかもしれません。
ポスターを見たら、ますます江田島に行きたくなるはずです♪

2014.07.25

home〜みんなの帰る場所 はつかいち〜

教育学で培った知識を生かしながら、地域の人たちと連携し小学校統合後の地域と子どもの新しい関係づくりをしていく中で、佐伯町が「home」だと思える場所を目指していく。

2014.07.25

西広島にぎわいづくり委員会

西広島駅周辺を単なるハード整備で終わらせるのではなく、町づくりの絶好のチャンスと捉え、住民が主体となって地域活性化と賑わいづくりを進めていく。

2014.07.25

子どもの自然体験活動推進プロジェクト

広島における子どもの自然体験活動の機会の充実のため、学生自らが企画者・実践者として本学キャンパスの自然を体験フィールドとした、子どもの自然体験活動の運営を行う。

2014.07.25

湯来町盛り上げ隊 〜チームSATOYAMA with OKAMARI〜

中山間地域である広島市佐伯区湯来町にかつての賑わいを取り戻すため若者独自のアイデアで町おこしへの貢献を果たし、湯来町の魅力を発信することを目的としている。