プロジェクトダイアリー

2014.10.29

【子どもの自然体験活動】『第一回』こどもたちとの自然体験


こんにちは。
今回は私たちが半年かけて様々な講義をし、それを実践する場、
つまりは子どもたちと自然体験活動を行ったことについて書きます。

私たちは10/26の日曜日に小学生数十人と活動を行いました。
内容としては、
1もうじゅう狩り
2フルーツバスケット
3ポイントラリー
4はっぱじゃんけん
5ペンタッチ

の5つを私たち大学生それぞれがプランを立て、実行しました。

なぜ自然体験活動に関係のなさそうな、もうじゅう狩りやフルーツバスケットを行うのか?
と疑問にに思われた方もいると思います。

この2つは、アイスブレイクゲームと言い、子どもたち同士、あるいは子どもたちと我々大学生との
アイス(緊張)をブレイク(和ませ)し、仲良くなろう、といった役割を果たしてくれます。

練習中では、あまり盛り上がることができず困惑した雰囲気が流れましたが、
当日の本番では子どもたちも楽しそうにゲームを実施していました。

僕個人としては成功したのではないかと思いました。


そしてアイスをブレイクしたあとにはポイントラリーを行いました。
(余談ですが僕はポイントラリー担当でした)

ポイントラリーの内容は、修道内で写真を撮影し、そこへグループ分けをした子たちと大学生が一緒に向かい、
設定されたお題を解いていくといったものです。

初めはただ修道内を散歩し、まったく自然体験ができていないという状況でした。
そこでなんとかせねばと かなり苦戦しました。
そして、見つけた木に触った感想や、大きいどんぐりをもってこよう。という 視覚だけでなく、
感触をも刺激する内容を考えました。

その結果、僕のグループのある一人の男の子が「これめっちゃたのしいね!」と笑顔で言ってくれました。
その瞬間僕はかなり高揚した気持ちになれました




つぎには昼休憩をはさみました。
小学生たちはおいしそうな弁当を持参し、おいしそうに食べていました。
この時にも小学生と私たち大学生も一緒になってご飯を食べ、より仲を深められたのではないかと思います。





ご飯を食べたあとは少しの自由時間を設けました。
なんと子どもたちは坂の上で走り回るという私たちが予想もしなかった遊びをしていました。
私たちの予想を超えた瞬間でした。次回にはこういった遊びも取り入れたいと考えました。



汗をかきながら自由時間で遊んだあとには、はっぱじゃんけんをしました。
これはグループではっぱをたくさん袋にいれ、そのあとに出されるお題により適した
はっぱを提示てきたグループが優勝というゲームです。
これは私たちがゼミの授業でも行ったゲームでした。
そのため子どもたちも楽しそうにプレイしていました。

また、負けず嫌いな子が多く、みんな熱心に取り組んでくれたのも楽しくできた要因でもあったと思います。

次にペンタッチ、このゲームは各グループにあるお題(たとえばつるつるしたもの)が
記されている箱を渡し、そのお題に沿ったものを集め、のちにほかのグループと
お題の当てあいをする、といった内容です。

子どもたち同士で「これはつるつるだ~」と話し合ったりと大変盛り上がった様子を見ることができました。


そして最後に自由に遊ぶ時間を設け、第一回の活動は終わりました。


今回の実践的活動を通してわかったことは、子どもたちは私たちの予想に反する行動をするときもある、
こちらから明るく接していけば、子どもたちも接してくれることなどがわかりました。

次の課題としては、私たち大学生が遊ぶ時と注意するときのメリハリをつけること、スムーズに進行すること、
そして自由時間よりも楽しいプロジェクトを提示することなどが挙げられました。


今回の活動を通して僕だけでなく、僕以外のゼミメンバーもいろいろ実感し、次への課題が見つけれれたのではないかと思います。
それを次回の冬に向けて活かしていきたいです。



最後に、このプロジェクトに関わったくださった関係者様、大変お世話になりました。






 
2014.10.17

ゲストスピーカー続々

こんにちは。 
後期が始まり、地域イノベーションコースの受講生が増えました。
チームで話す時間は、学生の声でますますにぎやかになってきました。

さて、田坂先生のひろしま未来協創特講(広島地域のテーマ発見)では、4回に渡り、ゲストスピーカーとして自治体の方々にお越しいただき、お話をしていただきます。

10月1日には広島市西区市民部地域おこし推進課 課長の木村さん、
10月15日には北広島町企画課 係長の矢部さんにお越しいただき、地域の現状や課題などをお話しいただきました。

西広島、北広島のそれぞれの魅力や課題などをグループ内で話し合ったり、木村さん、矢部さんと話をしました。
最後は、話し合ったことを発表し、学生からは「行きたい町と、住みたい町は違うのではないか」や「大学をつくってみては」という意見も飛び出しました。

再来週と11月頭には廿日市市、広島県からそれぞれ自治体の方々にお越しいただきます。
いろいろな地域から、シナリオのない、リアルな話を聞けるわくわくする授業はまだまだ続きます。

 
前期より受講生が増えました!西広島の木村さんの話を聞いています。


グループワークで出た意見を、北広島町の矢部さんと田坂先生に話しています。


交換留学生を交えて、意見を出し合っています。受講生が多いので、たくさんのグループができました。
2014.10.14

【湯来町盛り上げ隊】 ホタル祭り・清掃活動・灯籠塗り替え


こんにちは!
松川ゼミの湯来盛り上げ隊です。

これまでに行った活動についてあげていきたいと思います♪

6月29日

湯来町で行われたホタル祭りに参加させていただきました。
ホタル祭りでは、釣り堀や魚のつかみどりなど様々な体験ができるんです!

私たちは子供たちのサポートや舞台設置などお祭りの
お手伝いをさせてもらいました。


今回のイベントではお子様連れの家族の方が多く
みんなでわいわいと、湯来町を楽しむことができました!

9月8日

湯来の温泉街にある足湯を復活させよう!ということで
地域の方と力をあわせて、清掃活動をしました。




落ち葉や土をスコップですくいあげ土嚢袋につめる作業を
みんなで分担して行いました。



神社の清掃も行い、足湯も神社もすっきりしました(^O^)

清掃活動の帰りに6月1日に田植えを行った田んぼを覗いてみました。
小さかった苗が成長しているのを見てとても嬉しく思いました。


今後も少しずつ清掃活動を行っていきたいと思います!

9月27日
温泉街の灯籠をペンキを塗り替える作業をしました。
この日は、第一回目ということで二つの灯籠の塗り替えです!



まず、さびを落としてそれからペンキを塗っていきます。


みんな、初めての作業というとで真剣です!!

今回も地域の方が協力をしてくださり、スムーズに作業を終えることができました。

残りの灯籠もこれから塗り替えを行い、もっとたくさんの方に
足を運んでもらえるよう、湯来を盛り上げていきたいと思います!!





 
2014.10.08

新拠点 建設中!

 こんにちは!
 今日10/8は日本全国で皆既月食です☆
 19:30~20:30頃、東の空で観察できるようですよ♪
 なんと、月食のおかげで、普段は光が弱くて見えにくい天王星も見えるとか!
一度姿を消した月が、再び姿を現すところを、一晩で観察できるのは素敵ですね☆
(厳密に言えば、皆既月食中も赤い月が見えるのですが…^^;)


一度姿を消し、再び現れるといえば・・・
現在、本学では「修大キャンパス未来化計画」として、新校舎の建設が進められています。
当センターの隣の棟も一度姿を消し、現在は新しい建物「8号館」を建設中です。
(「修大キャンパス未来化計画」についてはこちら → http://www.shudo-u.ac.jp/facilities/index.html )

完成予定は2015年3月。
何と、当センターも8号館へ移動します!
学習支援センター、国際センター、
そして当センターなどを配置し、
学生の主体的な学びと活動の拠点となる建物を
計画しています。

新築の建物で新年度の業務を開始するのは
楽しみでもあり・・・
愛着のあるこの部屋から移動するのは
少し寂しくもあり・・・
兎にも角にも、無事に建設工事が
終わることを願います。

当センターに車でお越しの方には、
建設工事中のため通常ルートの通行ができず、
遠回りをお願いし、ご迷惑をおかけしております。
今しばらくご協力いただきますよう、
よろしくお願いいたします。

現在のひろみらセンター(第2研究棟)と、
次年度からのひろみらセンター(8号館)、
ぜひ どちらもお越しください☆