プロジェクトダイアリー

2016.05.19

日本を飛び出そう!!


こんにちは。
今年度、地域イノベーションコースはいよいよ日本を飛び出し、海外でも学びます。

「ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー」
グローカルとは、グローバルとローカルを組み合わせた造語で、世界と地域をつなぐこと、すなわち、地球規模で物事を考えながら、その地域に根づいて活動することです。
「ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー」は、ポートランド州立大学が提供する、講義と現地フィールドワークを組み合わせて行うプログラムです。同大学は、アクティブラーニングやサービスラーニングを同市や同市近辺をフィールドに展開し、地域の課題解決・価値化のイノベーションに関する先進大学です。
帰国後は、ポートランドでの学びや気づきを、イノベーション・プロジェクト(サービスラーニング)などを通して広島に還元します。

セミナーは、2017年2月に実施予定です。
参加人数は10名。往復渡航にかかる費用は大学が負担します。
ポートランドを目指して頑張っているという声もちらほら聞こえてきます。

このセミナーに向けて、ポートランドへ視察に行ったり、ポートランド州立大学関係者とのやり取りを重ねたり、情報収集や手続きなどの準備をしています。
(視察などの様子はこちら→ポートランド視察 ポートランド州立大学来校

いよいよ迫ってきたセミナーにスタッフの胸は高鳴りつつありますが、学生の気持ちも高めるために、ひろみらセンターにポートランドコーナーをつくりました。学生のみなさん、本の貸し出しもできますので、お気軽にお越しください♪

学生たちがポートランドで何を学び、どんなかたちで広島に持ち帰ってくるのでしょうか!
ちなみに、募集はこれからですけどね!

 
2016.05.16

北広島町で授業

こんにちは。
5月14日(土)に、PBL型授業「ひろしま未来協創プロジェクト(過疎地域のイノベーション)」は大学を飛び出し、北広島町の大朝に行きました。今年度はじめての学外実習です。

2、3年生を中心としたこの授業は、これまで教室の中で先生の話を聞いたり、自分達で調べたりして北広島町のことを学んできました。北広島町の大朝はどんなところなのか、どんな人たちがどんなことをしているのか、どういう想いをもって活動しているのかということを実際にみて、聞いて、感じてきました。



会場は、北広島町大朝支所の近くの「TSURUYA」(元香川旅館)。
ここは、旅館の1階をリノベーションしたとても雰囲気のあるお店です。この素敵な空間で授業が行われました。ちなみにオープンは、明日5月17日です!

NPO法人INE OASAの堀田さん、真倉さん、大朝地域おこし協力隊の鳥谷さんにご協力いただき、大朝のことや学生への期待などのお話しを聞かせていただきました。実際に話を聞いた内容を踏まえて、4つのチームは、これまで話し合って調べて考えてきた北広島町でやりたいこと、できることをすり合わせていきました。



話し合いをする中で出てきたわからないことなどをそれぞれに質問しました。
また、地域の拠点を目指しリノベーションをしている空き店舗や酒蔵の再建を目指す福光酒造さんの建物にもお邪魔させていただきました。



この日体験した出来事は、これから地域を考えていく上での学びのひとつとなりました。
学生たちは、北広島町で何ができるかということだけではなく、ここに住んでいる人たちの魅力も感じられたのではないかと思います。

泥臭いこともやってみて見えてくることがある。いろいろなことにチャレンジしてほしい。
自分が何をしたいか。自分がやりたいと思ったことでないと何も動かない。
「いかに寄り添えるか」ということを自分なりにみつけていってほしい。

たくさんの心に響く言葉をいただきました。

今回得たことや感じたことを持ち帰った学生たちが、今後、北広島町でどのように活動し展開していくのかとても楽しみです☆

2016.05.02

ちぃスタ北広島町のお祭り


こんにちは。
4月29日(金)に、ちぃスタ北広島町のお祭り、「わさまち」に行ってきました。

北広島町大朝ショッピングセンターわさ~る周辺では、音楽やダンス、神楽などのステージ、フリーマーケットや屋台などのほか、河川敷ではやまめつかみ取りや足湯まであり、とてもにぎやかでした。
また、わさまち通り商店街では、おしゃれなカフェや雑貨などのお店やワークショップなど、魅力的な雰囲気を楽しむことができました。

わさまち通り商店街の「つるや食堂」で、本学の卒業生、鳥谷さんに会うことができました。
鳥谷さんは、この3月卒業後、北広島町で地域おこし協力隊として働いています。
人間環境学部の三浦ゼミをきっかけに北広島町の魅力に引き込まれ、何度も足を運び、野草茶を作ったり農作業をしたり地域の方々とふれあったり、学生の時からとても楽しそうに活動をしていました。

地域イノベーションコースの1期生はあと2年で卒業します。
卒業後鳥谷さんのように、自分が学んだ地域で、地域に愛着を持ち、地域で仕事をみつけて生き生きと働く卒業生がいろいろな場所にいると素敵だなぁと思いました。

ちなみに、「つるや食堂」は今月オープンします。
旅館を改修したとても雰囲気のあるおしゃれな空間です。
みなさんも是非行ってみてください!素敵ですよ♪