プロジェクトダイアリー

2017.02.27

ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー9日目(学生レポート)


こんにちは。
ポートランド・グローカル・イノベーションセミナーから全員、無事帰国しました!

セミナーに参加した学生から9日目のレポートが届きました。
9日目はサイトビジット。最終日を前に、いろいろなポートランドを学んだようです。
----------------------------------------------
2017/02/20(9日目)
セミナー9日目の今日は、雨が降ったり止んだりする中、レンツ地区、ポートランド・メルカード、APANO、ジェイド地区へ行き、サラさんに案内していただきました。 
 
まずレンツ地区では、ポートランド開発局のジェームズさんと合流し、一緒に案内していただきました。



そのなかで一番驚いたのが、交差点の角にある公園です。
なんとこの公園、サラさんが作ったそうです!初めは真ん中の木一本しかなかったということも驚きでした!行政ではなく地域の人たちみんなで管理しているとのことでした。

「公園は作れる」んです!


 
お昼は、ポートランド・メルカードで。
フードカートで中南米の料理を食べました。

 
 
午後からは、APANOへ。
この団体は、アジア・太平洋にバックグラウンドを持つコミュニティや中小企業のつなぎ役を担ったり、アドボカシー活動を行う団体です。説明をしてくださったリーさんは、市民のストーリー・共通項をつくり出すこと、APANOのオープンな環境がモチベーションになっているとおっしゃっていました。

 
 
最後に、ジェイド地区を歩いて回りました。
ポートランド市の端に位置するジェイド地区ですが、ダウンタウンとは異なり、車のスピードが速く、交通量が多いのも印象的でした。写真の交差点では、公共交通だけで、一日一万人の利用者がいるそうです!


 
今日はみんな歩き疲れている様子でしたが、明日が最終日なので、しっかりとこのセミナーを振り返りたいと思います。
2017.02.22

ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー8日目(学生レポート)


こんにちは。
現在、ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー派遣中です!

セミナーに参加している学生から8日目のレポートが届きました。
8日目は休日。10名それぞれがポートランドのまちを楽しみ、夜はポートランド州立大学の学生さんたちと食事を楽しんだようです。
----------------------------------------------
2017/02/19(8日目)
2月19日。
今日は2日目のday offでした!

私たちは、午前中ワシントンパークというダウンタウンの中心から公共交通機関で30分というかなり近い距離にある自然公園にハイキングに行きました!ポートランドの自然と生活の距離感の近さがわかりますね~。

Washington park駅に到着!
トンネルの中の駅です。



エレベーターで地上まで上がるともう公園内です!
なんとこの自然公園には、動物園とミュージアムまでそろっています!
今回はあまり時間がなかったので、少しだけ散歩をして次の目的地へ。



午後からはロイドセンターというダウンタウンの少しはずれにあるモールへ行きました!
せっかくアメリカまで来たのでショッピングを楽しみました。日本ではまだ発売されていない靴を購入!大満足!

買い物をした後は、ダウンタウンに戻り、パールディストリクトを散策。
パール地区は、リノベーション文化の盛んな地区です。
ストーリーや意味を待った場所づくりが素敵な地区です。パールディストリクトではコーヒーを飲んでゆっくりしました。



最後にPSUの学生フィリックスとOGのロキシー含めた全員でディナーを楽しみました!
PSUの学生の方たちはみなさん本当にいい人で、涙が出ます…。

ポートランドではたくさんの貴重すぎる経験ができています!休みの日もしっかりと楽しめて、リフレッシュできました!
keep you weirdな街を最高に楽しめました。みんなありがとう!

2017.02.21

ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー7日目(学生レポート)


こんにちは。
現在、ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー派遣中です!

セミナーに参加している学生から7日目のレポートが届きました。
7日目は休日。ファーマーズマーケットで調査したり、お買い物やまち歩きを楽しんだり、それぞれが1週間の疲れを癒したようです。
----------------------------------------------
2017/02/18(7日目)
毎週土曜日、PSU(ポートランド州立大学)の広場ではFARMERS MARKET(ファーマーズマーケット)が開かれます。


ここでは、たくさんの屋台がならび、野菜を中心としてフルーツや肉、ジャムなどの加工品を販売していました。ミニライブや楽器の演奏、NPOとみられるブースなどもあり、本部では物販が行われ分からなことがあれば教えてくれます。

1992年に始まったこの取り組みは去年で25周年。夏にはさらに大規模なものが開かれます。
昨日学んだCSAに加盟する店舗も10店舗あり野菜への関心がここでは高いように思いました。

学生それぞれ来場者にインタビューしたところ、意外にも他の国や街から初めての来場が多いことが分かりました。
また、冬はあまり来ず夏にたくさん来る人、できる限り毎週来る人、月に一回来る人、カップルで観光に来る人などさまざまでした。快く質問に答えてくれる人々の温かさにも触れました。


 
お昼からはいろいろなお店を見て回り買い物をしました。皆、この貴重な機会にとたくさんショッピングをしたようです。
理由として、消費税が無い事、街がアウトドア用品に富んでいること、日本で輸入するより安いということもあり財布の紐も緩みがちです。

写真は左からDr.Martens,THE NORTH FACE,CRAFTY WONDERLANDです。
他にもストリート系のセレクトショップや様々なブランドの化粧品が気軽に試せて購入できるお店、おしゃれなお土産におすすめのMADE HERE PDXなどたくさん行きました。街の建築物やモニュメントはどれもハイセンスで道行く人やリーダーたちも皆ファッショナブルです。

  
夕飯は皆で地ビールを飲みにDeschutes Brewery Portland Public Houseというところに行きました。
お肉が美味しくパスタやポテトも、注文した6種類のビールとよく合いました。
和やかな雰囲気でとても楽しく、食後にはサービスでいくつかのデザートを出していただいてよい休日となりました。

明日も一日それぞれで自由行動をします。
ポートランドでの休日最終日も満喫したいです。

2017.02.21

ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー6日目(学生レポート)


こんにちは。
現在、ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー派遣中です!

セミナーに参加している学生から6日目のレポートが届きました。
6日目は、農場にてサービスラーニング・プロジェクト。実際にみて、ふれて、感じてきたようです。
----------------------------------------------
2017/02/17(6日目)
さあ、6日目のスタートです。
ジーンズファームへ!!!



ジーンズファームに入っていくと、車の音が聞こえなくなり、だんだんと鳥の鳴き声が大きくなり、落ち着いた自然に包まれるような感覚を感じました。

そこから、農場をいろいろ案内していただきました。
ハチミツを作っているそうです。

  

また、ここでは子どもたちの教育の場となっており、ニワトリも先生です!
ヒナから育て「生から死」まで学ぶそうです。

そして、動物から人との関わり方を学びます。
たとえば、子どもたちが怖がりながら、ニワトリと触れるとニワトリも怖がってしまいくちばしでつつかれるそうです。
人間関係でも同じだということです。

 
 
続いて、ジーンズファームの仕組みついてもお聞きしました。
ここでは、CSAという地域に支えられる農業システムを確立していました。
そのため、そこで出来た農作物は取引先の限定15家族にしか行かないシステムです。
それで、利益を出すことが出来る・・・
さらに、農作物は土から手入れし、手間暇かけて作る野菜のため健康的!!! 

マーベラス!!!


 
最後には、みんなで輪になり、ひと言ずつ話しました。
みんなの思いを形にしている素晴らしい場所でした。
農業の知識を持っている人はその知識を生かし、子どもたちは自然とふれあうことを学び、学生は農業経営を学ぶなど、さまざまなコミュニティーがそれぞれのやりたいことをみたすそんな場でした。


 
ご飯は釜で焼いたピザを食べて、楽しみながらたくさん学びました。
続けてしっかり学び、それを広島に持ち帰ってきます!!!

2017.02.20

ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー5日目(学生レポート)


こんにちは。
現在、ポートランド・グローカル・イノベーションセミナー派遣中です!

セミナーに参加している学生から5日目のレポートが届きました。
5日目は、午前中は「広島の現状と理想」についてグループワーク、午後からはサイトビジット。ポートランド市役所やNPO団体を訪問し、いろいろなお話が聞けたようです。

----------------------------------------------
2017/02/16
5日目。
早いもので、10日間のポートランド・グローカル・イノベーションセミナーも折り返しとなりました。
 
ポートランドの生活で、ホテルの朝はみんなで集まって朝食をすませ授業へと向かいます。
朝食はバイキング形式なので各々好きなものを食べています。写真はわたしの今日のメニュー、ふわふわのスクランブルエッグがお気に入りです! 



今日は午前中に講義を受け、午後からはサイトビジットへと出かけました。

午前中の講義では、「広島の現状と理想」についてグループで話し合い、発表を行いました。
 「地域の仲間意識が強い」や「隣の家にお醤油を貸せる関係」という良さがある反面「多様性に欠けている」ことや「いい意味でも悪い意味でもこだわりが強い」という広島の現状を把握し、自分たちの目指していきたい広島像をまとめていきました。
ポートランドの街づくりの仕組みや考えを広島に持ち帰るための第一歩です。


 
お昼休憩をはさみ、午後からはサラ先生とサイトビジットへ。
あいにくの雨でしたが、午前の講義で火のついたメンバーは気合十分です! まずは、ポートランド市役所。

ポートランドのロゴマークの置物や素敵な内装も、歴史と文化の街ならではですね。 
市役所は、一般市民に開放されているため、昼間は自由に中に入ることができます。

                                         
 
ポートランド市長室に勤めているネイサンさんやトゥヴァンさんから、市長が目指しているポートランドの街づくりや市民の政治参加のやり方などのお話を聞くことができました。


 
その後は、NPO団体「The Bus Project」を訪れ、リーダーシップ・コーディネーターをしているエイシーさんから話を聞きました。彼女たちは、若い人たちが政治に参加することで民主主義を実現するたに、選挙の推進をしている団体です。どんな大きなビジョンへ向かう場合も、一対一の会話から進めていくことの大切さを学びました。
 
最後にはメンバー全員で振り返りを行い、これまでの授業で感じてきたことやこれからの授業で何を考えどのように学んでいくかというお互いの意思を確認し合いました。
とても個性あるユニークな10人で、残りのポートランド生活も楽しく真剣に過ごしていきます!!