2015.02.14

ひろみらFES 2014 開催しました!

2015年2月14日(土)に「ひろみらFES 2014」を開催しました。
今回の「ひろみらFES 2014」では、学生や教員が2014年度のひろみらプロジェクトの成果をふり返り報告するとともに、
学内外の知を結集して、さらなる飛躍への鍵を探しました。

当日は、朝方は冷え込んだものの、日中は暖かい日差しに恵まれ、気持ちの良い1日となりました。
自治体や地元企業の方、地域イノベーションコースの学生、中学校や高等学校の生徒さんなど、
県内外から約300名の方が来場いただきました。

 第1部 ポスターセッションでは、地域つながるプロジェクトの学生が自作のポスターを掲示・装飾し、来場者へ活動の成果を報告しました。このポスターセッションは、7名の審査員が全プロジェクトの報告を見て、審査を行いました。併せて、ひろみら研究領域やひろみらシンクタンクに関するポスター、オープンスクールでの成果物、地域イノベーションコースの授業やイノベーション コミュニティ サロンの様子も展示しました。
 また、ひろみらプロジェクト連携自治体による情報提供コーナーも開設し、来場者の方が自治体の方に直接お話を伺う様子も見られました。西広島・廿日市市・北広島町で活動する学生の写真なども、各自治体情報提供コーナーに併設され、自治体の方と共に活動の様子を報告しました。


 第2部 地域つながるプロジェクト2014成果報告 では、地域つながるプロジェクトの学生が1年間の活動の成果を報告しました。今回は、全14プロジェクトを、事前に行った抽選により2グループ(2会場)に分け、それぞれのグループで審査を行いました。活動で行ったものをステージ上で実演するプロジェクトや、活動の様子をBGM付きのスライドショーで上映するプロジェクトなど、パワーポイントでの説明だけでなく工夫をして報告する様子が見られました。
 2014年6月29日の「ひろみらプロジェクト キックオフシンポジウム」で行われた熟議で活動方針を決め、それに沿って活動をしてきた成果の報告会。計画通りに進んだプロジェクトもあれば、天候などにより計画が変更になったプロジェクトもあったようです。それぞれの苦労やぶつかった壁、そしてそれを乗り越えて得た成果や喜びなどを話す学生の表情は、少しの緊張と大きな達成感がにじみ出ているように見えました。プロジェクトが終わった後も継続して関わっていきたいと言う学生も出てくるなど、地域とつながっていくきっかけにもなったようです。


 第3部 ひろみらプロジェクト2014成果報告 では、ちぃスタ(西広島・廿日市市・北広島町)での学生による活動や、地域の方や学生が混ざって行われたオープンスクール、今年度からスタートした ひろみら研究領域の成果報告が行われました。
 ちぃスタの活動報告では、西広島・北広島町については学生が、活動拠点としての空き店舗リノベーションや、地域の特産物づくり、企業調査について等、廿日市市については担当教員の人間環境学部 松川准教授より、担当教員から見た学生の活動による地域の方の変化等について報告しました。
 オープンスクールは、企画協力をいただいたひろしまジン大学の平尾学長と人間環境学部 木原講師が、全3回の様子を成果物や多くの写真とともに報告しました。
 ひろみら研究領域に関しては、人文学部 西野教授、人間環境学部 豊澄教授、人間環境学部 三浦教授、商学部 米田教授より、それぞれの1年間の研究成果について報告がありました。これからも継続研究し、地域の課題解決や発展のために貢献できればと強い意思を示されました。
 
 

第4部 パネルディスカッションでは、学外より、上野氏(熊本大学政策創造研究教育センター 教授・学長特別補佐)、筧氏(issue+design 代表)をお招きし、人間環境学部 三浦教授とともにディスカッションを行いました。テーマを「人文社会科学系大学の地域貢献を探る」とし、「人文社会科学系大学の知」による地域イノベーションの可能性を探りました。地域と関わる上での人文社会学系大学の特徴や強み等をお話いただき、本学だからこそできる地域貢献の形を考えました。


その後、第1部と第2部の審査結果を発表し、表彰を行いました。
---------------------≪受賞プロジェクト≫---------------------
【ポスター賞】
 うらぶくろICT推進隊
【プレゼン賞】
・Aグループ最優秀賞
 西広島にぎわいづくり委員会
・Aグループ優秀賞
 うらぶくろICT推進隊
・Bグループ最優秀賞
 山陰・山陽スマート観光のためのコンテンツリッチ化検討プロジェクト
・Bグループ優秀賞
 湯来町盛り上げ隊~チームSATOYAMA with OKAMARI~
------------------------------------------------------------

 閉会後は、会場を移し、情報交換会を開催しました。様々な活動の報告を受けて、来場いただいた方が報告者と話す様子が見られました。また、2014年度の活動がひと段落ついたこともあってか、発表を終え緊張から開放された学生達には心からの笑顔が戻っていました。


ご来場いただきましたみなさま、ご協力いただきました関係者のみなさま、ありがとうございました。
ひろみらFES 2014において、2014年度ひろみらプロジェクトの成果報告を行いましたが、
ひろみらプロジェクトは今後も続いていきます。
2015年度以降も新しい取り組みが次々と始まります。
今後とも、ひろみらプロジェクトをよろしくお願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~ 【ひろみらFES 2014 の様子】~~~~~~~~~~~~~


第1部 ポスターセッションでは、学生が来場者へ活動内容を説明しました。


第2部 地域つながるプロジェクト成果報告では、パワーポイント等を利用し、多くの来場者を前に成果を報告しました。


第3部 ひろみらプロジェクト成果報告会では、メモをとりながら聞いている学生も。



第4部 パネルディスカッションでの様々なお話を受け、大学や学生はどのように地域へ飛び出していくのでしょうか・・・