2015.01.25

第3回 まちを伝えるプロジェクトin西広島(己斐)

2015年1月25日(日)に、第3回「まちを伝えるプロジェクトin西広島(己斐) まちあるき、プロから学ぶ写真とコピー」を開催しました。

第3回のテーマは「西広島(己斐)のこれからを語らう120分」。
第1回、第2回に来ていただいた方々や西広島の方々、興味を持って今回参加していただいた方々など約40名のみなさまにご参加いただきました。

第1回では西広島(己斐)を歩き写真を撮りました。(第1回の様子はこちらをクリック
第2回では撮影した写真にキャッチコピーをつけました。(第2回の様子はコチラをクリック
そのポスターが完成し、今回ガラス一面に張り出されました。

まずは、第1回、第2回のおさらいから始まり、完成したポスターをみなさんで見ていただきました。
どの写真が印象に残ったかやポスターを見て感じたことなど聞くことができました。

いろいろな人のいろいろな感想。
見る人によって感じることや印象に残ったものが違うようです。

その後グループをつくり、「自己紹介」と「西広島(己斐)と私 関わり度○%」というお題で話しました。
みなさん、ほとんど初対面での集まり。年齢も職業も住む場所もバラバラですが、「西広島(己斐)」という共通のテーマを持って集まった6グループはどこも話が尽きない様子でした。






その後、トークセッションが始まりました。
己斐本町にあるコーヒー店ターボの田中宏さん、同じく己斐本町にある骨付鳥居酒屋来はちの久保田輝子さん、本学地域イノベーションコース担当教員の田坂逸朗先生をお迎えし、西広島(己斐)のことや他県の事例などをお話しいただきました。

トークセッションの合間にグループで「一言で言うと、○○な、まち。」「ココがおススメ♪」「ここがおしい!」「こんな町になったらいいな。」について話し、田中さん、久保田さん、田坂先生にそれぞれのご意見をいただきました。

盆栽が有名な西広島。廿日市市のけん玉大会の様に、盆栽大会で西広島を元気にしようという意見が出たり、知られざるおすすめのお店など自分の知っている西広島(己斐)情報を交換しました。



2時間はあっという間でどのグループも盛り上がり、話足りない様子がたびたび見られました。
会が終わってからも情報交換したり、名刺交換したり、連絡先を交換したり、繋がっていくみなさん。ここで繋がったみなさんがどこかでまた一緒に活動したり仕事する機会があるかもしれません。
本学学生も数年後、ここで会ったみなさんと仕事しているかもしれません。

いろいろな出会いと体験ができたこのオープンスクールはとても実りのあるものとなりました。
参加されたみなさま、ご協力いただきました西広島の方々、共に企画運営していただきましたひろしまジン大学のスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

またこのようなイベントができたらいいなという希望と期待を持ちつつ、みなさんにお会いできることを楽しみにしています。そして、今回、残念ながらご参加いただけなかった方や、興味を持ってくださった方、またの機会にお会いできることを楽しみにしています。