2016.02.15

ひろみらFES2015を開催しました

2016年2月13日(土)、ひろみらFES2015を開催しました。
ひろみらプロジェクトは今年度で3年目を迎えました。この3年間、たくさんのパートナーとともにひろみらプロジェクトを展開してきました。

今年度のひろみらFESでは、地域で活動する学生プロジェクトのほか、これまでのつながりから派生・波及した活動の報告や、活動が活発になりつつあるちぃスタ活動、2年目となるひろみら研究領域の成果報告も行いました。
また、地域イノベーションを生かした仕事について3名のゲストの方々にご登壇いただき、トークセッションを行いました。

当日は、残念ながらあいにくのお天気となりましたが、県内外から約300名の皆さまにご来場いただきました。



第1部は、地域つながるプロジェクトの成果報告を行いました。
2015年度の地域つながるプロジェクトは、13プロジェクトが1年間さまざまな地域で活動をしてきました。
(プロジェクトの概要はこちらをご覧ください。)

発表はパワーポイントを利用するだけではなく、活動の様子を動画で流したり、来場者の方々にパンフレットやアンケートを配布したり、おそろいの衣装で発表したり、それぞれ個性的で、聴く人をひきつけるよう工夫されていました。
また発表の後に、各プロジェクトに関わってくださった地域の方々や企業、自治体の方々にコメントをいただき、アドバイスや今後の展開についてお話いただきました。



第1部終了後は、図書館エントランスホールにてポスターセッションを行いました。
地域つながるプロジェクトのポスターでは、学生が活動の紹介や1年間の成果、失敗談などについて、来場者の皆さまにお話したり、成果物を見ていただいたりしました。

また、ひろみら研究領域やひろみらシンクタンク、オープンスクール、地域イノベーションコースなど、ひろみらプロジェクトが1年間取り組んできたことをポスターや写真にまとめ掲示をしました。



今年度のひろみらFESにおいても、連携自治体による情報提供コーナーを設置しました。
広島県、広島市、広島市西区、廿日市市、北広島町の地域連携担当の方々に、それぞれに取り組んでおられる事業やイベントなどについてのポスターやチラシなどを掲示し、ブースに来られた方々に取り組み紹介をしていただきました。



第2部は、ひろみらプロジェクトの成果報告を行いました。
ひろみらプロジェクトとして取り組んできた、「ちぃスタ活動」「派生、波及した活動」「ひろみら研究領域」について盛りだくさんの内容で報告しました。

ちぃスタ活動は、西広島、廿日市市、北広島町で活動する地域イノベーションコースの学生や、学部PBLの学生、教員など、それぞれに経験したことや活動してきたことについて報告を行いました。
派生、波及した活動は、さまざまなつながりの中から生まれた、「もとまちカフェ」(詳しくはこちら)と「トランクマーケット」(詳しくはこちら)について報告を行いました。




ひろみら研究領域は、商学部米田教授による「広島県の産業に関するイノベーション・インデックスの構築と適用」、人文学部田坂講師による「空間デザインとプロセスデザイン、その相乗効果-地域活性化拠点としての都心型フューチャーセンター研究-」、経済科学部脇谷教授による「地域活性化のためのコミュニティにおけるICT利活用について―効果的なICT利活用による商店街コミュニティの活性化を目指して―」、人間環境学部三浦教授による「郊外住宅団地と商店街の連帯性向上による“住み続けられる・住みたくなる”まちづくり」について、研究報告を行いました。(研究内容についてはこちら



第3部は、「イノベーションを生む仕事」についてのトークセッションを行いました。
地域イノベーションを生かした仕事について、すでにその分野でご活躍されておられる3名のゲストの方々にお越しいただきました。株式会社ディスカバーリンクせとうち代表の出原昌直さん、株式会社ハーストーリィプラス代表の佐藤緑さん、株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所コーポレートアドバイザーの吉田正子さんです。
豪華な顔ぶれとなった今回のトークセッションでは、みなさんのお話からたくさんのキーワードをいただきました。

出原さんからは「まちのためになることをしよう」という思いのもと展開している様々なプロジェクトについて、佐藤さんからは、主婦ならではのコンセプトや事業展開について、吉田さんからは、アンデルセングループのイノベーションについて、それぞれに興味深いお話をお聴きすることができました。
また最後は、会場からの質問にも応えていただき、あっという間に時間がきてしまいました。



最後は、第1部地域つながるプロジェクトの表彰を行いました。
学内審査員の他、学外の方々にも審査をしていただき、講評もしていただきました。

◎最優秀賞
「インターナショナルハウスがある町―広瀬:多文化交流プロジェクト」

◎優秀賞
「己斐に来い来い「こい焼き」プロジェクト〜地域と地域立地企業がつながる地域限定商品開発支援〜」
「豊平どんぐり村ハッピープロジェクト―きたひろ魅力再発見!!―」

◎審査員特別賞
「「ニート」「引きこもり」二つの視点から見えた自立支援の現状」
「チャリンコで駆ける!安芸太田町!!」
「ゴミッション〜安佐南区から環境との調和を図れ!〜」



ひろみらFESの締めくくりは、協創館ひろみらスタジオにて情報交換会を開催しました。
これまで1年間活動してきた学生は楽しそうに仲間と話をしたり、他のプロジェクトの学生や地域の方々、来場者の方々を話をしている姿がみられました。

今回のひろみらFESで全体司会を担当してくれたのは、本学人文学部の4年生でした。この学生は、昨年度の地域つながるプロジェクトで活動していた学生です。そして、発表者の前に置いていたお花も、移動販売のお花屋さんをしている本学卒業生によるものです。さらに、来場者の中にはたくさんの卒業生の方々が来てくださいました。
このような学生や卒業生が近くにいることも素敵なつながりです。



たくさんのつながりから生まれたたくさんの活動、ひろみらプロジェクトは3年目になり、よりいっそう賑やかで活発的なものになってきました。これからもこのつながりを大切に、これから出会う人たちとのつながりを楽しみに、ひろみらプロジェクトを展開していきます。

最後になりましたが、ご来場いただきました皆さま、ご協力いただきました皆さま、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。来年度もひろみらプロジェクトをよろしくお願いします。