Hiromira Think tank
矢野 達雄Yano Tatsuo

主な研究テーマ
・裁判例を通してみた土地制度の歴史
・近代日本における裁判および法曹の歴史

■所属学部・職位/法学部 教授
■専門分野/◎日本法制史 ◎法社会学

プロフィール

日本法制史および法社会学の研究者です。簡単に言えば、法律の歴史と現状を研究しています。
地域の抱えるさまざまな問題との関係でいえば、地方制度(市町村合併)、農業・農地問題、山林・林野(入会権)、地域の歴史などをフィールドワークも加味しながら研究してきました。

広島県を中心とした地域社会の持続的発展のためにできること

つぎのようなことであれば、ご相談に乗れる、あるいは一緒に解決策を探るお手伝いができるかも知れません。
・入会林野の整備・活性化とそれにともなう法律問題。
・市町村合併の分析と評価、今後の方向の検討。
・農業・農地問題の現状と今後の課題。
・地域の歴史の掘り起こし、など。

主要な著書・論文

◎沖縄近代法の形成と展開(全490頁) 榕樹書林 , 2013/102 共著
◎里山のガバナンス (全323頁) 晃洋書房 , 2012/03 共著
◎庄屋抜地事件と無役地事件―近世伊予から近代愛媛へ、土地制度と裁判― (全550頁)創風社出版 , : 2010/06 単著
◎近代日本における社会変動と法(全315頁) 晃洋書房 , 2006/03 共著
◎法と地域と歴史と (全210頁) 創風社出版 , 2004/03 単著

社会活動等

社会における審議委員等としての活動
◎1989年-2006年 愛媛県入会林野コンサルタント
◎1984年-2003年 西日本入会林野研究会/運営委員
◎2004年-現在 村落環境研究会/理事