Hiromira Think tank
脇谷 直子Wakiya Naoko

主な研究テーマ
・電子政府や電子自治体を支える情報システムのあり方、実現方法
・地域における課題解決のためのICT利活用

■所属学部・職位/経済科学部 教授
■専門分野/◎電子自治体(電子行政) ◎情報システム

プロフィール

情報システムやソフトウェアの導入・構築・運用等(特に行政分野)に興味を持ち、その応用を含めて研究・地域貢献活動を行いたいと考えています。教育面では「ソフトウェア」科目などを担当しており、ソフトウェア工学の基礎を扱っています。

広島県を中心とした地域社会の持続的発展のためにできること

地域社会を中長期的な視点で見た場合、少子高齢化をはじめとする多くの問題があります。他方、地域ごとに様々な魅力を持っており、地域の良さを活かした持続的発展が重要だと考えています。その問題解決や持続的発展には、情報通信技術(ICT)が役立つことも多くあると思います。ICTの活用そのものが目的になってしまうと、本来大事にすべきことを見落としがちになりますが、効果的に活用できればその利点も大きいと考えられます。その過程で、少しでも地域に貢献できたらと思います。

主要な著書・論文

◎山陰地域における基礎自治体のICT利活用の現状と課題 山陰研究 , (第5号):pp.53-71 , 2012/12 共著
◎電子自治体実現のためのSoAの有効性と課題 経済科学研究 , 第13巻(第2号):P.1-16 , 2010/02 単著
◎The Impact of Open Source Software on e-Government Development and Deployment “Research on Information Society and Social Systems”, Ed. M.Kitahara, K.Ota and Y.Arisada,  Kyushu University Press , :Chapter 4, pp.47-pp.56 , 2008/10 共著
◎電子自治体構築・運用プロセスの成熟度評価モデル トリケップス , 2006/04 単著
◎Structuring Key Questions for e-Government Development and Deployment ProcessAssessment Proceedings of the 3rd World Congress for Software Quality, Technical Univ. Munich, Germany ,
 Volume I:I-17 - I-26 , 2005/09 共著

社会活動等

社会における審議委員等としての活動
◎2015/11 - 2016/11, ソフトウェア品質(SQiP)シンポジウム2016委員会, 委員
◎2009/07 - 2017/06 , 総務省 電子政府推進員協議会 , 電子政府推進員
◎2009/04 - , 中国情報通信懇談会 地域情報化・コンテンツ部会 , 幹事