Hiromira Think tank
緒方 知徳Ogata Tomonori

主な研究テーマ骨格筋の可塑メカニズムの解明

■所属学部・職位/人間環境学部 教授
■専門分野/◎運動生理学 ◎運動生化学 ◎健康科学

プロフィール

2006年、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程修了。博士(学術)。熊本県出身。骨格筋の老化や不活動に伴う筋萎縮、身体活動に伴う筋の適応変化について研究を行っている。趣味は、釣りとお酒。

広島県を中心とした地域社会の持続的発展のためにできること

病気の予防や健康維持に関しては、様々な情報がメディアなどを通して流れていますが、その中には科学的根拠のない商業目的の“嘘”もたくさんあります。私はこれまで培ってきた健康科学や生理学の知識を生かして、地域市民の方々の健康維持や運動スポーツに携わる方々に対して「科学的な知見に基づいた指導や助言」を行うことにより地域社会に貢献ができればと考えています。

主要な著書・論文

◎Fasting-related autophagic response in slow- and fast-twitch skeletal muscle. Biochemical and Biophysical Research Communications , 394:P136-P140 , 2010/03 共著
◎Prolonged exercise training induces long-term enhancement of HSP70 expression in rat plantaris muscle American Journal of Physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology ,  296(5):pp.1557-1563 , 2009/05 共著
◎Differential cell death regulations between adult-unloaded and aged rat soleus muscle. Mechanisms of Ageing and Development , 130(5):pp.328-336 , 2009/05 共著
◎Endogenous expression and developmental changes ofHSP72 in rat skeletal muscles Journal of Applied Physiology , 95((3)):pp.1279-1286 , 2003/09 共著

社会活動等

社会における審議委員等としての活動
◎2011/04 - , 広島市広域公園管理運営委員会 , 広島市広域公園管理運営委員