Hiromira Think tank
長谷川 弘Hasegawa Hiroshi

主な研究テーマ環境資源・機能の経済的価値の評価手法と応用

■所属学部・職位/人間環境学部 教授
■専門分野/◎環境影響評価(環境アセスメント) ◎環境経済評価 ◎農村環境

プロフィール

伝統文化愛好団体、国際機関、開発コンサルタント、海外援助組織など、いろいろな立場で20カ国以上を渡り歩き、ネパールのクーデター、スリランカの爆破テロ、ナイジェリアの強盗などにも生き残りましたが、いつも「開発と環境の両立」ということに関心がありました。ピアノを弾いたり、落語を聴いたり、映画を見たり、登山やスキーに出かけたり、酒も大好きです。技術士(農業部門:農村環境)。

広島県を中心とした地域社会の持続的発展のためにできること

次のことがらについて、教育、研究および実務の場で、アイデア提供や支援・協力活動ができます。
【1】地方自治体や里山地域での環境保全・管理計画の策定や実施マニュアルづくり
【2】地域環境資源や環境サービス機能の経済的評価と価値試算結果の応用や活用
【3】地域から開発途上国への環境分野援助協力への企画づくりや活動促進
【4】地域社会での中小規模開発プロジェジェクトの自主的ミニ環境アセスメントのお手伝い
【5】広域開発事業や中長期的開発マスタープランに対する戦略的環境アセスメントのお手伝い

主要な著書・論文

◎マレーシア国サバ州の森林生態系サービス機能の経済的価値―森林認証制度とアブラヤシ農園事業の費用便益分析比較/人間環境学研究、10(14)、105-121、2012/02、共著
◎鞆の浦埋立架橋建設計画の進捗状況と今後の課題/四万十流域圏学会誌、10(1)、3-8、2011/03、単著
◎中国地方中山間地の環境資産を活用したサステイナブルな発展に関する研究/人間環境学研究、6(10)、23-75、2008/02、共著
◎開発プロジェクトにおける環境影響評価と経済評価の統合 /日本評価研究、6(2)、31-42、2006/09、単著
◎開発途上国における農林業プロジェクトの環境経済評価手法と事例/国際協力機構、1-138、2005/03、監修/共著
◎公共事業評価における環境配慮と経済効率性の統合―環境アセスメントと経済評価のリンク/人間環境学研究、2(1)、93-104、2004/09、単著
◎人間環境学入門―地球とともに生きること/中央経済社、196-206、2001/12、共著
◎英国における海岸環境整備の経済評価事例/沿岸域、12(1)、69-72、1999/10、単著
◎環境経済アセスメント―環境保全と経済発展の接点を求めて/東京出版、1-150、1998/02、単著
◎新・環境はいくらか/築地書館、1-220、1998/10、監修/共訳
◎環境の経済評価テクニック―アジアにおけるケーススタディ/築地書館、1-239、1993/09、単訳

社会活動等

社会における審議委員等としての活動
◎2017/04 - , 広島市緑化推進審議会委員
◎2012/08 - 2013/7, ひろしま西風新都の都市づくり懇談会 , 委員
◎2011/07 - , 日本技術士会 , 中国支部農林水産部会幹事
◎2010/04 - , 広島市環境審議会 , 環境管理担当委員
◎2009/04 - , 広島市環境影響評価審査会 , 環境管理担当委員
◎2008/04 – 2016/12, 広島市土地利用審査会 , 自然環境分野担当委員
◎2006/04 - , 広島市公共事業(建設関係局所管)評価監視委員会 , 環境担当委員
◎2004/04 - , 国際協力機構環境社会配慮審査会(助言委員会) , 副委員長
◎2000/04 - , 国際協力機構研修事業 , 環境分野講師